無店舗で代理店契約はできるのか?

近年、フランチャイズは非常に多様化していると言われています。

無店舗できる代理店サイト

しかし、現在のところ、フランチャイズを行うには店舗が必要になるケースがほとんどです。

フランチャイズビジネスとして、現在一番有名なものとしては、やはりコンビニエンスストアの経営が代表的です。
大手企業の運営ノウハウや物流システムなど、経営の基本的なやり方を学べるため、初心者にも人気があります。

契約企業側にはとっては、独自ノウハウを提供する代わりに、店舗を増やして勢力を拡大して欲しいという狙いがあります。
そのため、無店舗でのフランチャイズは、契約企業側にとって、あまりメリットがありません。

どうしても無店舗や自宅経営を望んでいる場合は代理店の方がおススメです。

代理店契約では、店舗をもたずに自宅で始められる販売ビジネスなどが、最近は増えています。
ただし、そうしたビジネスの場合、契約企業自体も、無店舗でビジネスを進めているケースが多いです。

無店舗経営のメリットとしては、やはり毎月かかる敷地代などの出費が抑えられることです。
自宅でビジネスをしたい人には、無店舗経営は費用も掛からず魅力的です。

しかし、店舗のあるビジネスに比べて、無店舗というのは、社会的な信用が劣ります。
顧客が定着するでは、かなり苦労をすることが想像されるため、非常に難しい状況になります。

また契約企業によっては、研修内容が非常にしっかりしている所もあれば、実際にはほとんど行われていないケースもあります。
紙のマニュアルだけを渡されて、あとは丸投げにされてしまうケースもありますので、契約企業は慎重に選ばないといけません。
初心者がバックアップ体制の悪い企業と契約してしまった時は、経営が難しくなってしまうので、注意が必要です。

代理店の募集サイトなら